個人情報の取り扱いについて

NPO昭和では、個人情報の保護を重要な課題と考え、法律や政令を遵守することはもとより、「個人情報の保護に関する規程」を制定し保護対策を講じています。

  1. 「個人情報」とは
    法人の運営する事業や施設、サービス等を利用する者、又は受けようとした者及びその家族に関する情報で、当該情報に含まれる氏名、生年月日、顔写真その他の記述により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む)をいいます。
  2. 個人情報の収集 個人情報は、法人の事業運営等の必要な範囲に限定し、個人情報の当事者(以下「本人」という。)から、本人の同意を得た上で適正且つ公正な手段によって収集します。その際に、思想、信条及び宗教に関する事項並びに社会的差別の原因となる事項については、特段の配慮をします。
  3. 個人情報の利用目的 個人情報は、保育所等においては保育・教育、健康管理及び業務に必要な範囲で、正当な目的のために使用します。他施設では、業務に必要な範囲に限定して利用します。 法人は、個人情報を上記の目的以外に利用することはありません。ただし、次に該当するときは、この限りではありません。
    (1)本人の同意があるとき
    (2)法令に基づく場合
    (3)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
    (4)その他理事長又は部門長が特に必要であると認めたとき
  4. 個人情報の開示 法人は、本人から自己に関する個人情報の開示が請求があった場合には、請求者が本人であることを確認したうえで、速やかに回答します。
  5. 個人情報の訂正又は削除 登録された自己に関する個人情報の訂正、削除を希望する場合は、下記までご連絡ください。速やかに対応します。
このページの先頭へ