2015年4月の記事

4月30日、明日からは5月です!

2015年4月30日(木)16:01

こんにちは。

 

今日は涼しくて過ごしやすい一日となりました。


4月も今日で終わり、明日から5月が始まります。
ゴールデンウィークで帰省やお出かけの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今朝、芝桜が満開を迎えているというニュースが放送されていました。
紫やピンクの小さな花が一面に咲き、まるでじゅうたんがひかれているようなとてもきれいな光景でした。
関連したお祭りを開催している場所もあるようですので、ドライブがてらお出かけしてみるのもオススメです。

 

暖かくなると気になるのが衣服の調整や水分補給ですね。
子どもは大人よりも体温が高いので汗もよくかき、水分補給が必要になります。


下着を上手く活用したり、マグマグのようなものをいつも用意して手軽に白湯や麦茶などを飲めるようにしておくとお出かけの際なども便利です。

 

今日もSHIPにははじめましてのお友だちがたくさん来てくださいました。


ゴールデンウィーク中も毎日開室していますので、パパ、ママと一緒にぜひお出かけください。

お待ちしております。

 

今日のSHIPのお友達です。

270430-1.jpg

 

270430-4.jpg

 

270430-3.jpg

 

270430-2.jpg

赤ちゃんと木のおもちゃで遊ぼう!

2015年4月29日(水)15:27

こんにちは。

今日は、気持ちのよい爽やかな風が吹く「昭和の日」で、いよいよゴールデンウィークが始まりました。

おでかけひろばSHIPでは「赤ちゃんと木のおもちゃであそぼう」ということで、18種類の木のおもちゃを揃えてみなさまをお待ちしました。

0歳1歳の赤ちゃんは、シンプルで動きのあるおもちゃが大好き。手に持ったボールを穴に入れて出てくる不思議さを確かめ、何度も繰り返して遊びました。

3歳のお子さんは、輪投げに興味を示し、「保育園にもあるよ!」と言って、得意気に輪を投げて遊びました。

そして、パパたち。今日初めておでかけひろばに来ましたというパパは、まず木のおもちゃを手に取ってやってみる。遊んでみる。お子さんよりパパたちが興味をもって楽しむ場面も多くあり、うれしく感じる1日でした。

「木育(もくいく)」ということばは、赤ちゃんの頃から木のおもちゃに触れることで自然のめぐみを受け、木に親しみ、木のあたたかさやぬくもりを感じながら、豊かな心、自然を愛する心を育てるという、(株)サミットとおもちゃ美術館と(公財)オイスカの連携による社会貢献活動です。

これから何回かに分けて行っていきますので、ご興味のある方はぜひお気軽に遊びにいらしてください。次回は、5月4日と5日10:00〜15:00で行う予定です。

 

270429-1.jpg

 

270429-2.jpg

 

270429-3.jpg

 

270429-4.jpg

 

270429-5.jpg

 

270429-6.jpg

 

いっしょに食べるということ

2015年4月28日(火)15:11

こんにちは
きょうは、いちだんと気温が上がり夏のような陽気になりました。半袖の装いが爽やかです。

 

ゴールデンウィークに入り、4月から新たな生活のスタートを切られた方には、ホッと一息つけますね。実家に帰られたり、親しい友人同士で集まったり食卓もいつになく大勢で囲む機会があるのではないでしょうか。


大勢で囲む食卓は、楽しく、いつにも増しておいしく感じられますね。同じ食卓を囲み、同じものを食べその味を共有する。そうするとおいしいね、これおいしいから食べてみてなどと自然と会話が生まれコミュニケーションが広がっていきます。小さなお子さんも、周囲のひとが笑顔でおいしそうに食べているのを見て、あまり食べた経験のないものや初めてのものでも安心して食べて見ようと思うものです。

食べ物を積極的に分け合うのは、人間だけだといいます。
人間の祖先は、食を分け合うことで譲り合いの気持ちが生まれ、持ちつ持たれつの関係ができ「社会性」が生まれ、食がコミュニケーションの方法となっていったそうです。

ひとりぼっちの食卓では、おいしいさを分かち合うこともできません。どんな食べ方をしていても誰にも注意されません。常にひとりだけで、好きなときに好きなものを食べていては、人がひとでなくなってしまいます。


そして、何より小さい時の楽しい食卓の記憶は永く心に残り、お子さんの心の拠り所となるはずです。

 

     今日のSHIPです。

  

      270428-1.jpg

  

    

      270428-2.jpg

    

 

        270428-3.jpg

     

 

        270428-4.jpg

    

        

     

場面を切り替えて

2015年4月27日(月)14:29

こんにちは!

 

今日は公園のベンチにすわってお昼ごはんをいただきました。
新緑とそよ風が気持ちよく、なんともぜいたくな時間でした。

「SHIPにくるとぐずぐずしないんです」
「ここだとよく遊ぶんです」
今日もそんな声がお母さんたちから聞こえてきました。

 

育児は24時間育児は休みなし。
子どもが大好き!という人でも、時には思い通りにならない様子にイライラしたり、大声で怒ってしまったり・・。
そういうことがあると思います。
そして、それは誰にでもあることです。

 

そんな時は子どもを変えようとするよりは、自分の状況や場面を変えるのがいいかと思います。
外にお散歩に出てみたり、自分の好きな音楽聞いたり、ちょっとの間なら他の部屋に逃げこんでみたり。
アロマでリラックス、大好きなコーヒーを入れて飲む、甘いものを食べる・・・なんでもいいですね。

 

まずは自分自身をリセットしてみる。そして自分が落ち着いた状況で、お子さんと接すればお互いに笑顔が戻ります。

子どものために我慢ばかりの連続、自己犠牲しているという気持ちにならないよう、
上手に場面を切り替えていけたらいいですね。

そして気分転換ぜひSHIPもご利用くださいね。

 

今日のSHIPのお友だちです。

 

 

      270427-1.jpg

     わんわんも一緒に♪

     270427-2.jpg

   未来の練習♪

    270427-3.jpg

   ボールも私もこの中に♪

    270427-4.jpg

   笑顔でどうぞ♪

    270427-5.jpg

   おんぶひも、使い勝手がいいですね♪

    

     

 

乗り物の中ではどんなふうに…

2015年4月26日(日)15:01

こんにちは!

 


美しい若草色の新芽が芽吹いているこの時期は、清々しさを感じます。

 

早いもので4月最後の日曜日となりました。保育園の慣らし保育や職場復帰された方には、あっという間の4月だったことでしょう。

 

ゴールデンウイークが近づいてきましたが、車や新幹線に乗って家族で出かける方も多くいらっしゃることでしょう。
先日SHIPでもそんな話がでていました。まだねんねの時期の心配と違って歩くようになるとじっとしていないので、長い時間乗っていると時間を持て余してしまいますね。
車で出かけるのと違い、新幹線だと途中で降りてお散歩というわけにはいきませんので、騒いで隣近辺の方の迷惑にならないようにと考えると何かをして過ごさなければならないですね。

 

最初は、窓から見える景色をみながら、何が見えるかなーと問いかけたり、○○見えたねーと話かけたりして家族一緒のおしゃべりタイムもいいですね。
丁度お昼の時間帯の電車を選ぶと昼食を食べてお昼寝をしてある程度の時間を過ごすことができるでしょう。
お目覚めした後の残りの時間は、用意していった好きなおもちゃで遊んだり、シール貼り、絵本を見たり、お絵かきをしたり…。じっとしているのが、難しくなったら小さい声でいつも歌っている好きな歌、ふれあい遊び、手遊びなどをしてその時間を過ごしてみてください。家族でじっくりふれあえる中身の濃い時間となることでしょう。

 

連休中もSHIPは開室しておりますので、気軽におでかけください。

 

今日のSHIPで遊んでいる子どもたちです☆

 

270426-1.jpg

九ヶ月さんが集まったよ!

 

270426-2.jpg

 

270426-3.jpg

初めまして!

 

270426-4.jpg

すべり台を登れるようになったよ!

 

 


 

15:00現在の利用状況

2015年4月26日(日)14:59
現在のご利用は、2組です。

「みんなで仕事と子育ての工夫を知り合おう」で交流

2015年4月25日(土)14:31

こんにちは!

 

今日SHIPでは、育休を終えて今年度仕事に復帰された方や、現在育休中のパパ、ママを対象に「働くママ応援!みんなで仕事と子育ての工夫を知り合おう」という交流会を行いました。

 

一人目のお子さんの時に1年間の育休を取り、一度復帰後した後に、二人目のお子さんで1年半の育休を取って4月から仕事に復帰される方を先輩ママにお招きしてお話を進めました。

 

参加されたパパはママだけではなくパパ自身も8ヶ月の育休を取得しているとのこと。

そのパパからは、自分が育休を取ってみて初めて、ママたちの大変さと頑張りに気付くことができたし、仕事のほうが子育てよりは楽である。パパたちみんなが育休を取れるわけではないと思うが、パパが休みの日は一日でも、「子どもが泣いてしまうから私(ママ)でなくては・・・」を乗り越えて、パパに子どもを任せることから始めてみると子育てへの理解が深まるのではというお話もありました。

さらに、ママ一人で頑張り過ぎずに、パパや周りに助けて欲しいと言っていくといいと思うとも話されました。

 

また、ある方からは、一人目の時は生む前と同じように働こうと仕事も頑張り、家事や育児も仕事が忙しくてあまり協力が得られないパパに代わって頑張った。保育園のママとも同士でも助け合いましたとのこと。

でも、二人目の今度はほどほどで良いかなと思えるというお話がありました。

そして、今日の交流からパパにもう少し任せて見ようかなと思いますとも話されました。

 

それから、子どもの体調が悪い時には、どのように対応していますか?という問いかけには、パパとママが交代で対応したり、区内の病児保育の利用や祖父母の応援などで対応したというお話がありました。

 

交流を行った中で、それぞれの家庭で何が良いかは違いがあると思うが、ご夫婦二人で働いていくにあたりどのようにありたいかを良く話し合うことが大事なのではというお話が印象に残りました。

 

これからも、先輩や同僚など様々な方々の仕事と子育ての工夫を知り合って、頑張り過ぎたり完璧すぎたりでイライラではなく、ほどほどで笑顔たくさんの日々となるよう応援させて頂きたいと思います。

 

交流会の様子と今日のSHIPのお友だちです☆

 

270425-6.jpg

 

270425-2.jpg

270425-3.jpg

 

270425-4.jpg

 

270425-5.jpg

ベビーフードを利用するときの留意点

2015年4月24日(金)14:26

こんにちは

きょうは、少し風が強いもののようやくお天気が安定してきたようです。来週からゴールデンウィークが始まり外出する機会も多いのではないでしょうか。

 

旅行など泊りがけの外出のときに、離乳食などお子さんの食事はどうしていますか。ベビーフードを利用されていますか。これからの季節、気温も上がり食中毒などの安全面でもベビーフードは便利な存在です。

市販されているベビーフードは、500種類以上あり、大きく分けてウェットタイプとドライタイプのものがあります。ウェットタイプには、レトルト食品や瓶詰めなどの液状または半固形状のものがあり、ドライタイプでは、水や湯を加えて元の形状にして食べるタイプで、粉末状、顆粒状、フレーク状、固形状のものがあります。

ベビーフードの味付けは、ナトリウム濃度が乳幼児用食品にあっては100g当たり200mg以下、幼児用食品にあっては100g当たり300mg以下となっており、薄味が基本です。

食べるときの物性はゞ儖譴留嫋、▲疋蹈疋躱または均一なペースト状、舌でつぶせる適度な固さ、せぐきでつぶせる適度な固さ、セぐきでかめる適度な固さと、固さの配慮がされています。

 

ベビーフードを利用するときの留意点

◆子どもの月齢や固さのあったものを選び、与える前には一口食べて確認をして見る。

 味や固さを確認するとともに温めて与えるには熱すぎないように温度を確かめます。子どもの食べ方をみて、固さなどが適切かを確認します。

◆用途に合わせて上手に選択を。

 そのままの主食やおかずとして与えられるもの、調理しにくい素材を下ごしらえしたもの、家庭で準備した食材を味付けするための調味ソースなど、用途にあわせて種類が多様にあるので外出や旅行のとき、時間のないとき、メニューを一品増やす、メニューに変化をつけるときなど、用途に応じて選択するようにします。不足しがちな鉄分の補給源として、レバーなどを取り入れた製品の利用の仕方も可能です。

◆料理名や原材料が偏らないように。

 離乳食が進み、2回食になったら、ごはんやめんなどの「主食」、野菜を使った「副菜」と果物、たんぱく質性食品の入った「主菜」が揃う食品内容にします。料理名や原材料を確認して穀類を主とした製品を使う場合には、野菜やたんぱく質性食品の入ったおかずや、果物を添えるなどの工夫をします。

◆開封後の保存には注意して、食べ残しや作りおきは与えない。

 乾燥品は、開封後の吸湿性が高いため使い切りタイプの小袋になっているものが多いですが、瓶詰めやレトルト製品は、開封後はすぐに与えます。与える前に別の容器に移して冷凍庫または冷蔵庫で保存することもできます。表示(注意事項)をよく読んで適切な使用をします。衛生面の観点から、食べ残しや作りおきを与えることは禁物です。

ベビーフードは、とても便利な存在ですが、固さや味が均一なため、味覚の発達においては、その都度、微妙に味がちがう手づくりのものがすぐれているともいわれています。以上のようなベビーフードの特性や利用するときの留意点に気をつけて、上手にベビーフードを取り入れてください。

 

 

   今日のSHIPです。

 

          270424-1.jpg

          270424-2.jpg

          270424-3.jpg

          270424-4.jpg

春の風がさわやかに吹きぬけて

2015年4月23日(木)14:46

こんにちは。

今日は、朝からとても爽やかな風が室内にも流れ込んで、春を感じます。

春の明るい日差しは、写真写りもよく、人の表情を明るくさせてくれます。

昨日の「ことばのひろば」では、子どものことばを促すためのお話が満載でした。

日頃から大人とのやりとりの場面を大切にしていくこと、子どもは大人の笑い顔に反応してまねていくことも話されました。

子どものちょっとしたことばを大人が聞き取って会話をしていくこと、大人との対話はこれから人として、社会のなかで生きるたくましくて賢い人間の成長につながっていくことなど、日常の人とのやりとりの大切さを伝えていました。

4月の風が吹きぬける爽やかな室内で、赤ちゃんたちも赤ちゃん語をたくさん話しています。

ママたちパパたちの関わりは、ほかの赤ちゃんたちの成長をも手助けしているのです。

子どもの名前を優しく語りかけるだけでも、赤ちゃんは大人の顔をしっかりみながら笑顔や声を返してくれます。心豊かな子に育ってほしいものです。

今日のなかまたち

270423-1.jpg

 

270423-2.jpg

 

270423-3.jpg

 

270423-4.jpg

マザーズハローワーク東京のお仕事相談もありました。

ことばのひろば

2015年4月22日(水)14:54

こんにちは。

午後、遊びに来ていた数組の親子のみなさんに声をかけて、「ことばのひろば」という小さな会を開きました。乳児期のことばの育ちに関して、考え合う時間となりました。

 

参加の方たちは、発語の前段階のお子さんたちでした。お誕生前の、あ〜あ〜ば〜ば〜ぶ〜ぶ〜と声を出すのが嬉しい時期の子どもたちです。この時期の子どもたちと、どう関わるとことば育ちにつながっていくかということを話し、日々の生活や遊びの時間に行ってほしい工夫も伝えました。

 

お母さんやお父さんの声、まなざし、笑顔の持つ力を確認してもらい、その上で、子どものからだの動きや気持ちに沿って親がことばで表現してあげることや親の考えているいることを『わからないから…』でなく伝えてみようとことばにしていくことが、子どもたちのことばを育てるのだと話しました。

 

毎日積み重ねていく生活や遊びの中での人とのあたたかいやりとりにこそ、子どもたちのたくましい賢さを育む機会がいっぱいあるのだということを理解してもらいたいと思っています。

 

これから毎月、「ことばのひろば」という小さな会を開いていきます。ことば育ちにつながる関わり方や遊びについて話し合ったり、ことばの育ちについて聞きあったりしていきましょう。

開催日のお知らせを出していきますので、興味のある方はどうぞ参加してみてください。

 

本日の仲間たちです!

270422-1.jpg

ことばの不思議を聞きあいます。

 

270422-2.jpg

遊びと生活の中に大事なことが…

 

270422-3.jpg

たっぷり想ってもらい、笑顔にっこり!

 

270422-4.jpg

楽しいは、すくすくの源ですね。

 

2 3 4 次の10件 >

おでかけひろば SHIP

東急田園都市線「三軒茶屋」駅より徒歩3分
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂1-12-40
tel:03-3411-8301
fax:03-3411-8301

ご質問・ご見学のお申し込みは電話やe-mailでお気軽に。

お問い合わせ連絡先:03-3411-8301

(受付時間:9:00〜17:00)

お問い合わせフォーム

このページの先頭へ