2015年3月の記事

2014年度の最終日です

2015年3月31日(火)16:31

こんにちは。

桜満開で、SHIPの部屋の中も明るくなりました!

今日は半袖のママも多くて、子育て中のママはみんな大忙し。動きっぱなしのママたちですから、SHIPから見える桜を見ながら少しでもほっとする時間が作れたらと思います。

いよいよ年度末最終日となりました。

「明日から保育園に行くので、最後にSHIPに遊びにきました!」という親子の方々が朝からひっきりなしにいらして、SHIPのご利用人数はどんどん増えています。

緊張しています。頑張ります。やっていけるか心配です。。。

いろいろな保護者の方々の声が聞こえています。

どうか10年後20年後の自分をみつめて、毎日を過ごしてほしいものです。お子さんも1日1日成長しています。お子さんの自立とともに、大人である私たちも1日1日をしっかり歩んでいきましょう。

助産師さんによる「親子ヨガ」を行いました。

270331-1.jpg

 

270331-2.jpg

 

270331-3.jpg

 

270331-4.jpg

この小さな赤ちゃんの命を日本社会でしっかり育んでいきましょう。

そのためには、大人がしっかり育つ土台を作っていかなければいけません。

 

 

桜が見頃です

2015年3月30日(月)15:28

こんにちは。

270330-1.jpg

この週末の暖かさで、桜が見頃になりました。

SHIPの窓からも先週とは違った桜の花の姿になり、みなさんお子さんと一緒にお花見を楽しまれています。どうぞ毎日、桜の変化を見にいらしてください。

先週(金)、世田谷区で160年の歴史のある古民家で子育てひろばを開放していた“古民家ママス”が、古民家での活動を一旦終了しました。4月からは、近所の松陰会館で古民家ママスを継続していくとのことです。広さ30畳の和室で、赤ちゃんたち、ママやパパたちが集まっておしゃべりを楽しんでいる光景は親戚の家に集まったような懐かしさ、ゆっくり穏かな落ち着いた時間と空間でした。

四季の変化を障子越しにみながら、縁側でおしゃべり、いつまでもゆったりした時間が流れ、今では貴重な日本文化を感じることのできる異空間でした。

これからの、新しい古民家ママスの活動に注目したいと思います。

 

今日のSHIPです

もうすぐ、保育園だよ〜

270330-4.jpg

 

270330-5.jpg

 

270330-6.jpg

 

270330-7.jpg

 

270330-2.jpg

 

270330-3.jpg

ママがしているように、わたしもね

 

 

 

桜の花

2015年3月29日(日)14:20

こんにちは!

 

昨日も東京は20℃を超えて汗ばむ陽気となり、桜の花も一気に満開へと近づいたのではないでしょうか。

今日の午前中もお天気に恵まれて、SHIPの窓から見える桜も今は盛りと咲き誇っています。

270329-1.jpg


多くの日本人にとって、桜の花はやはり特別なのだと思います。開花が年度の変わり目と時期を同じにすることもあってか、人生と重なり合う花とも言われています。

 

SHIPには今年が初めてのお花見という赤ちゃんたちがたくさん遊びに来てくれています。

これから来年、再来年そしてその次の年と年々パパやママと歳を重ねていったときに、桜の花を愛でながらどんなことを思い起こすのでしょうか?
どんな人生と重なり合っていくのでしょうか?

 

そのように想像したときに思うことは、お子さんたちが育っていく世の中が平和でなければならないということです。桜はどんな年でも必ず咲いてくれるでしょう。でも、平和でなければ心から愛でることができません。

 

戦後70年という節目の年に咲く桜の花を見ながら、この先、戦後80年、100年、150年と重ねていくために、お子さん方が育つ未来が平和であるために、あらゆる努力を重ねなければいけないと強く思いました。

 

では、今日のSHIPの様子です☆

 

270329-4.jpg

今日はパパも一緒です♪

 

 

 

270329-3.jpg

パパとママが見守ってくれます♪

 

 

270329-2.jpg

お城の中でパパと一緒♪

 

 

270329-5.jpg

ミルクをあげますね♪

 

☆お知らせ☆

4月1日(水)は、スタッフミーティングのため9〜16時までの開室です。

ご了承のうえ、お間違えのないようにご利用願います。

出会いと別れ

2015年3月28日(土)15:32

こんにちは!

 

午後からは、お日さまが顔をだして咲き始めている桜を見守っているようでした。

今日は土曜日とあって花見に出かけている方も多く賑わっていることでしょう。
SHIPは昼過ぎからようやく兄弟や双子ちゃんで賑わい活気がでています。

 

3月から4月にかけてのこの時期は“さようなら” “お世話になりました” “ありがとう”から“こんにちは”“初めまして”“よろしくお願いします” と、別れや出会いの挨拶が交わされる時期です。

 

以前行ってた保育園で送り迎えをしていたおばあちゃんが「○○先生が辞めちゃうので寂しい、孫も寂しがっていて…、これから大丈夫かしら…」という話し聞いて、それを受け止めながらも、新しい先生に出会える喜びも伝えて行くと、そうですねと前向きに考えていこうとする気持ちを話されていました。

 

これから新しい環境に変わった時は誰しもそれに馴染むかどうか心配ですが、子どもは自分が愛されていると確信できると安心して親元から離れていくことが出来ると言われています。おばあちゃんからも充分な愛情を注いでもらっているので、きっとどんどん新しい環境や先生に馴染んでいけることと思います。


また、幼稚園や小学校に入り、新しい環境で緊張の連続だったりするとストレスや疲れも出てきますので、子どもがお母さんに何か話したそうにしていたら充分に関わってストレス解消してあげて欲しいと思います。

 

今日のSHIPです☆

270328-1.jpg

仲良し姉妹です。幼稚園で皆勤賞をもらいました。

 

270328-3.jpg

双子ちゃんです

 

270328-4.jpg

はじめまして、双子ちゃんです

 

270328-6.jpg

バー!

 

270328-7.jpg

貴重品袋が新しくなりました。
SHIPでは、お財布や大事な物は、身につけていただくようご案内しています。

 

 

絵本を楽しむ時間

2015年3月27日(金)15:00

こんにちは。

 

今日は太陽の光がいっぱい。気温も高く暖かい一日となりました。

風は春の匂いがしています。

SHIPの窓から見える桜も、いっきに開き始めました。

 

 今日SHIPでは月に一度の「赤ちゃんお話会」を行いました。近くの下馬図書館の方がいらして、

赤ちゃん絵本をたくさん読んでくださり、参加してくださった方と一緒に、手遊びやわらべうたも楽しみました。

 絵本ことばに反応してニコニコ笑ったり、歌に合わせて身体を動かしたりと楽しい時間を過ごしました。

 

     

     270327-2.JPG

 

 

 

 

     270327-1.jpg

 

 

 

     270327-3.jpg

 

 

 赤ちゃんとの絵本タイムを作っていますか?

まだことばがわからない赤ちゃんでも絵本を楽しむことができます。

絵を見てたくさんの刺激を受けます。そして絵本の中のことばや表現を通して、ことばを習得し、

心を育んでいくと言われています。

 

絵本を読む時はお母さんもリラックス。心温まるゆったりした時間を赤ちゃんと一緒に過ごすだけで幸福感に満たされます。

お膝に抱っこしてスキンシップをとり赤ちゃんと触れ合うことは赤ちゃんの情緒を豊かにしてくれます。

お母さんの声で語りかけることでコミュニケーションも深まります。

そしてそうやって過ごした時間の積み重ねが、自分は愛されていると感じ、それが人を信頼することにつながり、安心してことばや心が育くんでいくのだと思います。

 

絵本の読み始めの最初の頃は、絵本に興味を示さないように見えるかもしれません。

好きになる本はそれぞれ違いますし、成長につれて好きになる本が必ず出てきます。長い目でみてあげて、好きな絵本が見つけられるといいですね。

安価でどこでも誰でも読み聞かせ。

離乳食の時間が生活のリズムを作るように、お休み前にリラックスできる絵本タイムをとることは

寝るリズムを作るのにきっと役に立つと思います。

 

 赤ちゃんの身体の成長に母乳やミルクが必要なように、絵本は赤ちゃんの心の成長に欠かせないのもののひとつですね。

 

 今日のSHIPのお友だちです♪

 

 

     270327-4.jpg

    ぽぽちゃん、お靴はこうね♪

 

 

     270327-5.jpg

    あそぼ〜♪

 

 

     270327-6.jpg

    今日はおばあちゃんも一緒だよ。

 

 

     270327-7.jpg

    だるまさんが〜♪ 人気の1冊

   

 

赤ちゃんのウンチ

2015年3月26日(木)14:17

こんにちは

270326-1.jpg

風はちょっと冷たいですが、陽射しはあたたかく春を感じます。

うんちは、赤ちゃんの体調や病気の症状、腸の発達などを知るのに役立ちます。たとえば、消化器が未発達な赤ちゃんの場合、食べ物がそのまま出てくるなど、うんちを見ることで体内のようすがわかったりします。うんちは、話せない赤ちゃんにとって体調を知らせる大切なもの。

「いつもゆるゆるなのに、どこからが下痢?」と迷うことも多いですね。一方、うんちの回数がよその子に比べて少ないと「便秘?」と、気になることもあります。心配のない下痢・便秘と、チェックが必要な状態とをきちんと知っておきましょう。

〈赤ちゃんのうんちは個人差が大〉
うんちの状態や回数は赤ちゃんによって違います。生後3か月程度までの間は、かなり水っぽいうんちが1日に何回も見られることが普通です。1日3回という赤ちゃんもいれば、10回以上の赤ちゃんもいます。母乳で育つ赤ちゃんの方がミルクで育つ赤ちゃんよりも、便が軟らかく回数も多いといった違いもあります。
また、 赤ちゃんは、離乳食や水分のとり方によって、うんちがゆるくなることがあります。うんちが水っぽくなっても、それだけを心配せずきげんや食欲など全体の様子を見ることが必要です。

うんちのにおいは、すっぱい?
赤ちゃんのうんちはすっぱいにおいがします。これは腸内環境をキレイに保つ善玉菌のビフィズス菌がたくさんいる証拠。また、母乳にはこのビフィズス菌を育てる「乳糖」がたくさん含まれています。すっぱいにおいは腸が健康な証拠とも言えます。

緑色でもびっくりしないで
黄色、緑色、茶色のうんちは、正常なうんちの色です。うんちの色も個人差が大きく、食事内容や腸内にとどまっている時間で変化します。

ゆるめのうんちから、次第に固形へと変化
生まれて間もない頃のうんちは、まるでおしっこのように水っぽいうんちです。その後、離乳食が進むにつれて、さまざまな食物を食べるようになり、次第に固まった大人型のうんちになっていきます。

うんちをチェックするポイント
赤ちゃんのうんちは、食べた物や時間、発達段階などによって、色、形などが大きく変化します。そのため、気になるうんちが出ても、1回だけで判断するのは難しいものです。日ごろから、元気なときのうんちの状態をよく知っておきましょう。そして、うんちの色、形、回数、赤ちゃんの様子などを見ることが大切です。
 
〈下痢〉
どうなったら?
●いつもよりはるかにゆるい。
●ふだんより極端に回数が多い。
※回数が少なくても、突然水っぽくなったら下痢。

心配ないのは?
●多少回数が増えたり、ゆるくても機嫌がよく、食欲があり、発熱など他の症状がなければ。
※回数が1日10回でも、毎日のことなら大丈夫なことが多いです。
※初めて果汁を与えた、離乳食で新しい食品を与えたなどによる一時的なことなら、様子を見て。

心配なのは?
●下痢とともに不機嫌に泣き、あやしても笑わない。
●飲みっぷり、食べっぷりが極端に落ち、顔色が悪い。
  →脱水症※1の疑い
●白っぽい、水のような便になった。
  →白色便性下痢症※2の疑い
●下痢便に血液が混じっている。粘液が多量に混じっている。
●発熱、嘔吐、発疹などの症状を伴うとき。
●特定の食べ物を食べると決まって下痢をする。
  →食物アレルギーの疑い
※1…脱水症体内の水分が急激に失われた状態です。発熱や下痢が続くときはとくに起きやすいので注意しましょう。尿量が減るとともに、涙が出なくなったり、顔色が悪い、ぐったりするなどの症状があれば至急受診を。
※2…白色便性下痢症ロタウイルスやノロウイルスによる感染症で、主に冬に流行します。いきなり吐き、その後、次第に下痢が激しくなります。うんちが白くなったり、やがて米のとぎ汁のようになることも。熱を伴うこともあります。脱水症を起こしやすいので早めに受診を。

受診の目安?
心配な下痢に該当することがあれば早めに受診。脱水が疑われるときや血便は至急!

ホームケア
ポイント1 おむつ替え
●下痢のうんちは刺激が強いので、うんちをしたらすぐにおむつ交換を
●汚れはふくよりシャワーや座浴で洗い、清潔に
●おしりを洗った後は、やわらかいタオルなどで水分を吸い取り、しっかり乾かしましょう

ポイント2 母乳、ミルク、離乳食
●湯ざまし、麦茶、ほうじ茶などで脱水症状にならないように
●消化の悪い物、脂っぽい物、肉類、柑橘類の飲み物は禁物
●母乳やミルクはいつもどおりに。飲みたがらないときは少しづつ回数を増やしてみる
●離乳食初期はお休み。中期以降なら1段階前に戻して

ポイント3 二次感染に注意
●下痢のうんちには、細菌やウイルスが含まれていることが多いので、おむつ替えの後は必ず石鹸で手を洗うこと


〈便秘〉
どうなったら?
●毎日出ていたのに数日間出ない。
●うんちが硬くていきんでもなかなか出ない。
※一般に5日以上出なければ、便秘と考えられます。

心配ないのは?
 ●3〜4日に1度でも、苦しまずにするりと出れば心配ありません。
 
心配なのは?
●おなかが張って食欲がない。
●月齢が上がるにつれて便秘が目立つようになり、体重の増えが鈍ってきた。
  →ヒルシュスプリング病※3
 ※3…ヒルシュスプリング病先天的に腸管壁内神経節細胞が欠如しているために、正常な腸の動きがうまくいかず、便の通過障害からがんこな便秘を起こします。たいていは乳児期早期に見つかります。

受診の目安?
苦しがるときは受診を。
ヒルシュスプリング病※3は生後まもなくわかることが多いものの、軽い場合は、月齢が上がって便秘を繰り返すことでわかるケースも。

受診時のアドバイス
便のついたおむつを医師に見せると役に立ちます。下痢や便秘がいつ始まったか、回数、食欲、きげんなど、症状を伝えましょう。
 
ホームケアホームケア
ポイント1 生活リズムを整える
●母乳・ミルク(離乳食)は定期的に。
●夜のねんねの時間を決めて自律神経の働きを整える
●食事はバランスよく
●繊維が多いものや、乳酸菌類など便秘にいい食材を

ポイント2おしりの刺激
●肛門をやさしく刺激する
●綿棒浣腸・・・綿棒にベビーオイルをつけ1cmほど肛門にいれ、10秒ほどゆっくり回してから抜く 

ポイント3マッサージ
●“の”の字マッサージ・・・おへそを中心に時計回りに手のひら全体で“の”の字を書くようにおなかをマッサージ。おなかが少しへこむくらい力をいれるとよい
●足の前後運動・・・両足を持って、交互にゆっくりと前後する。自分で自由に体を動かせないねんねの赤ちゃんに効果的
●腹ばいに・・・おなかへの刺激になります。上半身を起こせて、嫌がらない赤ちゃんに。 
腹ばいにする時は、固めのマトレスや座布団の上で行います。くれぐれも目を離さないようにしましょう。
マッサージや体操は、お風呂あがりや機嫌のいいときにしてあげましょう。
嘔吐しないように「満腹時を避ける!」のが鉄則です。


日ごろからうんちの様子をよく観察して、いつもとどこが違うかをチェックし、食欲やきげんにも注意しましょう。
※赤ちゃんのうんちの色を見るときは、母子健康手帳に掲載されている便色カードをご利用ください。また、母子健康手帳副読本の頁もご覧ください。

参考文献:「赤ちゃんのうんち」(監修:愛育病院新生児科部長加藤一彦、吉永小児科医院吉永陽一郎)、「赤ちゃん子育てインフォ」、「赤ちゃんのおしっことうんち」(花王メリーズ))

 

270326-2.jpg

 

270326-3.jpg

 

270326-4.jpg

 

270326-5.jpg

今日は、マザーズハローワーク東京のお仕事相談でした。

毎月、第4木曜14時から15時まで開催しています。

お花見♪

2015年3月25日(水)16:04

こんにちは。

昨日から寒の戻りとあって、今日も風が冷たい一日となりました。

もう少しコートが手離せない日が続きそうですね。

 

ついに東京でも桜の開花が発表されました!
週末はお天気も良く暖かいとのことですので、お花見日和になりそうです。

 

みなさんのお気に入りの場所は、どこですか?

上野や目黒川沿いは毎年多くの人で混み合い、屋台が出ていたりイベントが開催されていたりと楽しいですね。海外のいろいろな場所でも桜を楽しめるようですが、ワシントンでは日本から贈った桜がちょうど見頃を迎え、さくら祭りが開催されているようです。

私の家の近所でも桜を楽しむことができます。近年少しずつ減ってきてしまっているのが少し寂しい気もしますが、今年も少しずつ咲き始めました!住宅街をお散歩しながらのお花見もオススメです。

 

明日は、14時からマザーズハローワークのお仕事相談を行います。
ぜひ、ご活用ください。
お待ちしております!

 


今日のSHIPのお友達です。
270325-2.jpg

 仲良しさん♪

 

270325-4.jpg

 引っぱって遊びます☆

 

270325-3.jpg

 パパとダイナミックに!!

 

270325-1.jpg

 SHIPに新しいお友だちが増えました。

さっそくお着替えしてくれています。

たくさん遊んでください!

 

災害はいつ起きるか分かりません。

2015年3月24日(火)14:17

こんにちは。

年度末で、学校から大きい荷物を持ち帰ったり、正装をした保護者の姿を毎日のようにみかける時期になりました。

冬将軍の到来で、昨日今日と風が強くて冷え込んでいますので、薄着になりすぎないよう気をつけてください。

さて、今日は保育所と一時預かり施設と子育てひろばの3施設での合同避難訓練をしました。

お子さん2人連れの方、妊娠中の方、月齢の低い赤ちゃんをつれた方等々、ひろばで遊んでいらしたみなさんにご参加いただきました。

避難時は、お子さんをおんぶしての移動となります。ご自分の足元をしっかりみながら階段を降りたり、危険物をよけながら歩くことが想定されます。

今は”前抱っこ”が主流ですが、ぜひご自宅では”おんぶ”で家事をしたりして、日頃からおんぶに慣れておいてほしいと思います。

270324-1.jpg

 

270324-2.jpg

 

270324-3.jpg

昭和女子大学まで無事に避難できました。

日頃から、災害時の持ち物などを意識して、お出かけするようにしてください。

 

世田谷区の『妊産婦・乳幼児のための災害の備え』もご参照ください。

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/104/141/557/d00131144_d/fil/file.pdf

 

ビルメンテナンスとスタッフミーティングについて

2015年3月23日(月)15:10

こんにちは!

 

昨日は、初夏の陽気になり東京の桜の開花宣言が今日にも出されるかしらと思いましたが、今、外の気温はかなり下がってきてますので、開花は少しおあずけのようです。

 

SHIPは基本的には年末年始(12月29日〜1月3日)を除いて、日曜・祝日を含めて年中無休で9時〜17時の間で開室しています。

ただ、半年に一度の年2回、ビルメンテナンスのために閉室しています。

昨日22日は、そのビルメンテナンスの日にあたりお休みをいただきました。SHIP室内も床のワックスがけなどを行いピカピカになりました。ご理解ご協力、ありがとうございました。

270323-2.jpg

今朝の復元途中の様子です。9時開室には間に合いました!

 


また、SHIPでは月に一度、閉室時間後にスタッフ全員が集まるミーティングを行ってきました。

そこでは、ご利用者のニーズにお答えすべく、イベントや講座等ひろばの運営に関することや、スタッフ全員で共有すべき様々な事柄を話し合っています。

このスタッフミーティングにつきましては、来年度から世田谷区が委託運営している区内の5つの子育てステーション共に、より良い運営のために開室時間を短縮して実施していくことになりました。

子育てステーション世田谷のひろばであるSHIPは、早速4月1日(水)に実施いたします。当日の開室時間は9〜16時となります。ご了承のうえ、お間違えのないようにご利用ください。

なお、ご利用者の皆様からも、SHIPにたいする要望や、こんなことをしてみたらというアイデアなどをお寄せいただけたらと思います。お待ちしています。

 

 

では、今日のSHIPのお友だちです☆

 

270323-1.jpg

赤ちゃんが集まりました♪

 

 

270323-4.jpg
今日、待ちに待った寝返りをしました!

嬉しいですね♪

 

 

270323-3.jpg

見て、持てたよ♪

 

パパが作る子どもの食事

2015年3月21日(土)15:14

こんにちは!

 

 今日は春分の日。外は気温が低く肌寒く感じます。

この時期はポカポカ陽気の日もあれば、風が冷たく冬にも戻ったかのような日もあり、

衣服の調整が難しいですね。体調管理に気をつけたいものです。

桜の蕾がほころび始め、開花はもうすぐ。待ち遠しいですね。

 

 今日SHIPではパパDAYでした。「パパが作る子どもの食事」というテーマで

パパ、ママ、ご夫婦で交流を深めました。

 

       270321-3.jpg

 

離乳食を含めたご家庭の食事作り全般に関わっていらっしゃるパパ、在宅の時は離乳食を

あげているというお父さん、いろいろ手伝いたいけれどその時間がとれない・・・など

食事に関する関わり方はいろいろだと思います。

ママのこんな風に手伝って欲しいも様々であり、パパ目線の育児参加への思いもそれぞれですね。

 

ママにとっても毎日の食事作りは最も時間かかる家事労働のひとつ。

そして、パパが行う家事の中で最も参加率が低いのが「食事作り」でもあります。

ママが長時間外出するとき、体調が悪くて動けないときに他の家事はやらなくても何とでもなる場合がありますが、食事作りがやはり一番の気がかりではないでしょうか?

 

 何をどうやっていいかわからない、準備が大変、栄養のバランスがわからないなどなど、食事作りのハードルは他の家事に比べたら高いのかもしれません。

でも頭で難しく考えないで、まずやってみる・・・ことをオススメします。

今日の交流会のお話の中にも「まずご飯を炊いてみては?」という話しがありました。

そして、できることを少しづつ増やして日常的にやってみると気づきや発見があり、

気づいたら食事作りが楽しい!になるかもしれません。

もう少し大きくなったら、親子で一緒に簡単なものを作ってみるのもいいですよ。

ママの、「パパに任せて、大きな心で見守る」姿勢も大切ですね。

 

いつのまにか「パパの〇〇が食べたい!」の声があがるようになり、

いつの日か「おふくろの味」ならぬ「おやじの味」が一品ができたらいいですね。

 

今日のSHIPのおともだちです。

 

   270321-4.jpg

 

 

   270321-5.jpg

 

 

    270321-6.jpg

    270321-7.jpg

 

 明日、3月22日(日)は、ビルメンテナンスのため終日休室します。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2 3 4 次の10件 >

おでかけひろば SHIP

東急田園都市線「三軒茶屋」駅より徒歩3分
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂1-12-40
tel:03-3411-8301
fax:03-3411-8301

ご質問・ご見学のお申し込みは電話やe-mailでお気軽に。

お問い合わせ連絡先:03-3411-8301

(受付時間:9:00〜17:00)

お問い合わせフォーム

このページの先頭へ