2015年2月の記事

ふたごの会

2015年2月28日(土)14:39

こんにちは!

 

昼間は春を思わせる温かさになりました。気がつけば明日から弥生3月です。

SHIPの窓から見える桜の木の枝も心なしか色づいてきたように思います。

 

春は、スタートの季節でもあります。この4月から新たに保育園や幼稚園に行き始めるというお子さんもいらっしゃることと思います。

親御さんとしては、お子さんが園でちゃんとやっていけるかしら?先生の言うことができるかしら?などなど心配になることもあるかと思います。

でも、そんな気持ちから焦ってしまい、入園に向けていろいろ教えようと思うとお子さんが保育園や幼稚園に行くことを楽しみに思えなくなってしまうことになりがちです。

入園後の生活で具体的に心配なことがある場合は、できるだけ入園先の保育士や幼稚園の先生と良くお話をして、コミュニケーションをとる事が大事なことと思います。

どちらかが一方的に伝えるのではなく、双方で話し合ってお子さんにとって良いと思われることを見つけていかれると良いのではないでしょうか。

親御さんと保育園、幼稚園がタッグを組んでコミュニケーションを取りながら共にお子さんの育ちを担っていくことがお子さんにとって何よりの安心につながると思います。

 

 

そして、今日SHIPでは「ふたごの会」を行いました。

 

270228-1.jpg

 

初めてふたごを妊娠している方の参加があり、保健師であるスタッフが加わり、妊娠、出産、育児についてのあれこれを楽しく語り合いました。

270228-6.jpg

ふたごならではに起こることを分かち合ったり、知恵を出しあったりと有意義な時間を過ごしていただけたようです。

 

その間、昭和女子大学の初等教育学科の学生さん3名もボランティアに来てくださり、お子さんを見て貰うことができました。

270228-2.jpg

 

270228-3.jpg

 

270228-4.jpg

 

次回は、「ふたごの会」は3月18日(水)11:00〜11:40を予定しています。

学生ボランティアも来てくれる予定です。

どうぞ、ご参加ください。お待ちしています。

 

 

270228-5.jpg

パパとの絵本TIMEです♪

 

 

 

 

 

ゆっくりリズムで楽しもう!

2015年2月27日(金)16:01

こんにちは。

今日は、昨日の寒さと打って変わってお天気もよく暖かになりました。

お天気になると、やはり外へ出たくなります。

春はもうすぐ、気温の変化に気をつけて過ごしていきたいものです。

さて、今日は下馬図書館の職員の方とボランティアさんがいらして、赤ちゃんお話会をしてくださいました。

くまさんが歌をうたってくれたり、赤ちゃんとママと一緒に楽しめる絵本を読んで聞かせてくださったり、わらべうたを教えていただいたり、楽しいひとときを過ごしました。

赤ちゃんと一緒に、ことばのリズムをゆっくりゆっくり、身体を動かしながら遊んで、みんなご機嫌でした。

270227-1.jpg

 

270227-2.jpg

 

270227-3.jpg

 

270227-4.jpg

 

270227-5.jpg

 

270227-6.jpg

ママも赤ちゃん、わたしも赤ちゃんに子守唄をいっしょにうたってあげているの

まねっこして、ゆっくりトントンであんしん

マザーズハローワーク『お仕事相談』

2015年2月26日(木)15:36

こんにちは。

 

今日は朝からお天気が不安定で、冷たい雨が降っています。
春らしいお天気が続き、毎日寒暖差や花粉症に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

先日、なんだか空気がモヤモヤしているなと思ったら黄砂が飛んでいるというニュースが・・・。
この時期は大人も体調をくずしやすいですね。

 

伊豆の方では、きれいな河津桜が見頃を迎えているようです。
今朝のニュースでは菜の花の黄色と河津桜の濃いピンクのコントラストがとてもきれいでした。


河津桜は開花から散るまでの時間が長く、3月上旬まで楽しめるようですのでご家族でドライブなどゆったりとお花見を楽しむのもオススメです!

 

 

今日はマザーズハローワークの職員による「お仕事相談」を行いました。

270226-5.jpg次回は・・・

3月12日(木) 10:30〜11:30 三茶お仕事カフェの職員によるお仕事相談

ミニワーク「ハッピー2015 かなえよう小さな夢、大きな夢」夢(目標)リスト作成とその活用法について

3月26日(木) 14:00〜15:00 マザーズハローワークの職員によるお仕事相談

「子どもをあずける保育情報」についてのミニセミナーも行います。

 みなさまぜひ、ご活用ください。

 

明日は下馬図書館の方による「赤ちゃんお話会」、あさって28日(土)は「ふたごの会」を行いますのでぜひ遊びにいらしてください!

 

今日のSHIPのお友だちです♪

270226-3.jpg

寝返りできました!

 

270226-7.jpg

はじめまして!

 

270226-8.jpg

初めてのおんぶ♪

 

270226-2.jpg

ママと一緒にアンサンブル♪

 

ごにょごにょ語!

2015年2月25日(水)14:51

こんにちは。午後からあったか陽気になりました。

遊びに来てくれる仲間たちが、ぞくぞく集合となり、室内は大賑わいです。

小さな空間ですので、満室状態になりましたら、入れ替えのお願いの声かけをさせてもらっています。その際は、どうぞよろしくお願いいたします。

 

あるお子さんと遊んでいましたら、お顔に表情を出して、声をあげ、なにやらお話をしてくれているようです。あ〜、う〜、ぐぅ〜、あいやいやい、などの音声ですから意味合いはとれませんが、確かに何かを伝えようとすることがわかるのです。

 

そうなの〜、楽しいのね、うれしいなぁ〜、などと気持ちのいいことばで応答すると、不思議ですが、また音声で話しかけてくれるのです。数回、同じようなやりとりがつづきました。そばで見ていた、お母さんが、「うわぁ話している。この頃、何か言いたいのだけど、伝えられなくて、ううんぐって声を出すんです。でも、話してくれる人だから、また話すんですね。笑ってる。わかってるんだ。」と、とても嬉しそうに話してくれました。お母さんは、よく様子をとらえて見てらっしゃるなあと思いました。

 

ことばが出てくるその前の段階の伝えよう・わかってもらえたの音声のやりとりが、発語につながっていきます。楽しい気分で、気持ちのいいことばで、ごにょごにょ語にいっぱいつき合ってあげてください。

 

「ことば」についての交流を、3月4日(水)の午前中に行ないますので、よろしければ、ご参加ください。

 

それから、一部お便りで、2月19日とお伝えした“マザーズハローワークのお仕事相談”を

明日・2月26日(木)14:00〜15:00に行ないますので、どうぞご参加ください。

 

では、本日の仲間たちです!

27022501.jpg

みんなでこっちだよ!

 

270225-2.jpg

しっかり見てる!

 

270225-4.jpg

ママと一緒だから、トライしてみよっと!

 

270225-5.jpg

ポーズ、決まり!

 

 

 

助産師さんの親子ヨガ

2015年2月24日(火)16:29

こんにちは。

今週は、日中は暖かい日が続いています。朝晩は冷え込み、寝冷えしやすいので、綿下着をつけて過ごすようにしてください。

今日は、おでかけひろばSHIPの「親子ヨガ」を実施しました。

270224-1.jpg

講師は、助産師さんです

 

270224-2.jpg

日頃、赤ちゃんを抱いておっぱいをあげているママたち

ご自分の身体を伸ばして気分転換する機会は、なかなかありません

 

270224-3.jpg

静かな時間のなかで、しっかりとリラックスすること

身体を動かして新しい気持ちに変えていくことは、とても大切です

 

270224-4.jpg

ヨガの後は、SHIPでの語らい

毎日赤ちゃんと向き合うママたちの質問に

力強く応えてくださる助産師さんの存在は偉大です

3月も実施しますので、ぜひご参加ください!

 

 

避難時にはおんぶを!

2015年2月23日(月)14:30

こんにちは!

 

 朝に雨が上がり、気温も上昇して、今日はすっかり春のような陽気ですね。
まだ硬い桜の蕾も喜んでいることでしょう。

 今日SHIPでは避難訓練を行ないました。遊びにきてくれた10組の親子が参加してくださり、
おんぶをして1階の通路まで移動しました。

 

 

     250223-1.jpg

    250223-2.jpg  

 

 

 おんぶ紐・・・・普段は車移動やベビーカーでの移動が多く、おんぶ紐を使うことに馴染みがない方が多いと思います。
しかし、いざというときにはベビーカーは使えません。乗せて階段を降りることはできませんし、瓦礫の中を押して進むことはできないからです。

 

小さいお子さんがいらっしゃる方はだっこか、おんぶでの移動。首のすわっているお子さんはおんぶがいいでしょう。
両手が空くという点では、抱っこもおんぶも同じですが、抱っこは足元が見えませんし、大人が転んでしまうとお子さんも怪我をしてしまう可能性があります。

 

歩くのがしっかりしてきたお子さんでも、避難時はおんぶがいいですね。ただならぬ様子にお子さんが落ち着かなくなる場合もありますし、走ったり、長時間歩くことで疲れてしまうこともあります。

 

SHIPに置いてあるおんぶ紐は、身体に密着するタイプのおんぶ紐です。身体に密着しない、ぶらさげるタイプのものは、長時間使用の場合、お母さんやお子さんの身体に負担もかかりやすく、また、ひどく揺れるので急いでいる時には危ない場合があります。

おんぶはお母さんの目線と同じものが見え、背中ごしにいろんなものを観察することができます。

また背中の温かさもきっとお子さんにとって気持ちいいはず。
ぜひ、SHIPに遊びにいらしたときに、おんぶ紐の使い勝手を試してみてくださいね。

 

 

今日もSHIPは楽しい時間でした♪

 

 

 

     250223-3.jpg

     250223-4.jpg

     250223-5.jpg

     250223-6.jpg

 

 

家族支援

2015年2月22日(日)14:46

こんにちは!
今日は東京マラソン2015の開催日、大幅な交通規制が行われ3万5千人余りのランナーが都心を駆け抜け、たくさんのドラマが生まれたことでしょう。
さて、昨日SHIPではスタッフ研修のため開室時間を遅らせて頂きました。SHIPでは、年に数回このようなスタッフの研修をさせて頂いています。昨日の研修は、お隣の昭和女子大学人間社会学部福祉社会学科主催の国際シンポジウムへの参加というかたちで行いました。そこでは、スウェーデンのファミリーセンターの予防/相談部長であり、ソーシャルワーカー・家族セラピストの方からスウェーデンにおける家族支援のお話しを聞くことができました。
以前には、フィンランドのネウボラという家族支援の在り方についても学びましたが、そこから見えてくるのはことの一つは、妊娠、周産期からの切れ目のない支援ということです。日本においてもその重要性が認識され始めて、日本に合った形で子育て支援に取り入れていこうという動きが出てきています。妊娠、周産期と聞くと母親の支援と誤解しがちですが、子どもは、父親と母親がいて授かることができるのであり、子どもを育むのも両親です。妊娠期からの支援も両親に向けたものであることが望ましいでしょう。昨日の講演でも、プログラムへの両親の参加はあたりまえですと話されていました。よって、家族支援という言葉が使われているのだと思います。日本では父親自身は参加したいと思っていても、社会の意識や環境がまだまだ整っていない現実があります。そうしたことも含めた家族支援が必要でしょう。
さらに、お話の中で「子どもと大人は同じ価値があり、同じ権利がある。」「家庭は、親と子が互いに尊重し、喜び合う場。」という言葉も印象に残りました。
今後も、子育て支援者としてブラッシュアップしていきたいと思います。
昨日は、開室時間変更にご協力いただきありがとうございました。
これからも、SHIPのご利用をお待ちしております。

 

今日のSHIPの様子です

270222-3.jpg

居合わせたママ同士でお話が弾みました

 

270222-1.jpg

パパが遊びを見守ります

 

270222-2.jpg

お友だちの手元に注目です

 

270222-4.jpg

ぼくたち、兄弟です!

春を味わう

2015年2月20日(金)14:24

こんにちは!

 

今日はお天気も良く、お昼過ぎから賑わっているSHIPです。

昨日は二十四節気の“雨水”でした。

“雨水”とは、空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味で春一番が吹くのもこの頃です。

しかし、本科的な春の訪れにはまだ遠く、大雪が降ったりもして三寒四温を繰り返しながら春に向かっていきます。

地方によっても違うようですが、この日に雛人形を飾ると良縁に恵まれるという言い伝えもあるようです。

まだまだ寒い日もありますが、季節は確実に春に向かって進んでいます。

 

先日はスーパーで菜の花を見つけたので早速買って帰りました。

ひと足早い春の訪れを知らせてくれる菜の花は、アブラナ科のとても栄養価の高い緑黄色野菜です。

βカロチンやビタミンB1、B2、ビタミンC、鉄、カルシウム、カリウム、食物繊維などの豊富な栄養素をバランスよく含んでいます。

つぼみと葉のやわらかい部分を使えば離乳食にも使えますので、月齢に応じて刻んだり、すり潰したりして赤ちゃんにも春の味覚を楽しんでもらえたらいいですね!

 

今日のSHIPでは月に一度の「絵本タイム」がありました。

たくさんの方に楽しんでいただけたようです。

来月は、3月20日(金)14:50〜15:00に行いますのでどうぞご参加ください。

 

今日のSHIPのお友だちです♪

270220-1.jpg

ママのおひざでゆったり。

 

270220-2.jpg

ママが支えてくれると安心です!

 

270220-3.jpg

ボールつかまえた!

 

270220-4.jpg

お話にみんなワクワク。

 

270220-5.jpg

カウボーイごっこをしました!

 

 

みんなで刺激しあって

2015年2月19日(木)15:18

こんにちは!

 


風はちょっと冷たいけれど、お日様が顔を出しているので、室内では温かさを感じる一日

でした。

室内では、1枚薄着をしても大丈夫と思える程でしたが、夕方になるとまた気温が下がりま

すので、脱いだり着たりが簡単に出来る洋服をご用意できるといいですね。

 

SHIPには、月齢発達に合わせて様々なおもちゃを用意してあります。
お子さんがこれなんだろう、おもしろそうだなと自分の目で見て、手に触れて感じて遊べるように、設定してあります。
最初は上手く遊べなくても大人が一緒に関わることで遊びを教えてもらい楽しむことができます。
また、他のお子さんが遊んでいるのをみておもしろそうだな〜遊んでみたいな〜と感じ,

興味を持っていくようです。


同じおもちゃに興味をもってちょっと取り合いになることもありますが、まだ他のおもちゃでも代用できる年齢ですので、上手く切り替えて次の遊びができるよう声かけしていきましょう。


他のおもちゃに目移りして、遊んでもすぐ飽きてしまうこともありますが、そのおもちゃの楽しさがわかると何度も繰り返し遊ぶことが出来るようになります。


少し年齢が高くなり遊びこめるようになると、遊びを展開させていく力があるので、あまり固定観念を持たず遊ぶことで、こんな遊びも出来るんだ~と,大人をびっくりさせたり、楽しくさせたり、創造力あふれる子どもたちになっていくことでしょう。


そんな遊び方も出来るんだねー!
どうぞSHIPで一緒に刺激しあいましょう!

 

今日の子どもたちです♪

270219-1.jpg

おもちゃではないけれど、想像力でいろんな遊びができます。

 

270219-2.jpg

二人でさわって刺激しあってます

 

270219-3.jpg

ママと一緒に積み木の中に入れて遊んでいました。

次はひとりで出来るかな…

 

270219-4.jpg

ペンギンの洋服がとても似合います

 

270219-5.jpg

お互いに刺激しあって、うつ伏せ楽しい〜!

 

 

270219-7.jpg

そっくり返ってこんにちは!

 

 

花粉症の季節が始まりました

2015年2月18日(水)16:06

こんにちは

朝からシトシトと雨だったりみぞれ混じりだったり、寒い日です。

先日東京都は13日、都内でスギ花粉の飛散が始まったと発表しました。昨年より9日遅く、過去10年平均より5日早い。今春のスギ、ヒノキ花粉の飛散は、昨春と比べ、区部で1〜1.3倍、多摩地域で2.6〜3.4倍となる見込みだそうです。

 都によると、都内12観測地点中、千代田、葛飾、北の3カ所で11日にスギ花粉の飛散開始を確認したということです。飛散開始日は、一観測地点で1平方センチメートル内にスギ花粉が1個以上捕集される日が2日以上続いた最初の日とされるそうです。

花粉症の人にとっては辛い季節の到来です。

 

最近は大人ばかりでなく子どもの花粉症も年々増えており、5〜9歳で13.7%、10〜19歳では31.4%と大人の発症率と変わりません(参考:鼻アレルギー診療ガイドライン)。

花粉症の主な症状といえば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみですが、子どもの場合はちょっと異なります。子どもの場合はくしゃみがあまり出ずに、鼻づまりが多い傾向にあります。これは、鼻が小さいからつまりやすく、つまると花粉が入ってこないことからくしゃみも出ないということが原因になっています。
しかし、鼻づまりは見た目ではわかりません。そこで、見分けるポイントとしては、口をあけているかどうかです。鼻で息がしづらくなっているため、口呼吸することが多くなっているはずなので、注意深く観察してあげてください。
また、口呼吸が多くなると息をするために口を使うので、食事や薬などが飲み込みづらくなる傾向もあるようです。
 
花粉症による鼻水は、大人の場合はサラサラした水のようなものが出ますが、子どもの場合は少し粘っこい鼻水も出ます。これも鼻づまりが主な症状となっていることに原因があるのではないかといわれています。風邪と見間違えてしまうかもしれませんが、鼻水が出ていたら花粉症も疑いましょう。

(特にスギ花粉症は、原因物質の花粉が飛散する時期(1月下旬〜4月)と風邪やインフルエンザが流行する時期とが重なるため、判断が難しいかもしれません。)

鼻がムズムズするので、こすったり、かいたり、鼻をピクピク、口をモグモグして鼻や口のまわりをしかめたりします。また、鼻をいじり過ぎて、鼻血を出すこともあります。このあたりも発見しやすいポイントかもしれません。

 

目の症状も高い率で発現するようです。子どもの場合、目の症状も発症するケースが多く、頻繁に目のあたりをこすったりします。その他にも、目の充血や目のまわりのむくみなどもよくみられます。

 

花粉症を予防しましょう。

・外遊びは午前に
花粉は、通常晴れて風の強い日の午後に多く飛散し、雨の日に少なくなります。各地の花粉予報も参考に、外遊びや外出の時間帯を検討しましょう。

・外出のときは、つばのついた帽子をかぶる
上から降ってくる花粉が顔にかからないようにガードします。可能ならマスクと帽子の着用が望ましいですが、マスクをいやがるお子さまも多いので、せめて帽子の着用は習慣にしましょう。

・外出後は衣服をはらい、うがいをする習慣を
帰宅時の衣類には思った以上に花粉が付着しています。家族全員で協力して、家の中に持ち込まないよう玄関先で衣類をよくはらいましょう。また、帰宅後のうがいも早くから練習し、習慣にしていきましょう。

・布団や洗濯物を取り込むときはよくはたく
外に干した布団や洗濯物にも花粉が付着しています。よくはたいてから取り込んだり、布団などは取り込んでから掃除機をかけるなどして花粉を取り除きましょう。

また、幼児では症状を具体的に伝えることが難しいため、まわりが注意を払う必要があります。
スギ花粉が飛散する時期に、子どもが熱はないのに“くしゃみ”や“鼻水”が止まらない場合は『スギ花粉症』かもしれません。花粉症では、“目のかゆみ”を伴うことが多いので、風邪と花粉症の判別の指標のひとつになります。しかし、鼻づまりの症状は花粉症でも起こりますが、咽頭扁桃肥大や慢性副鼻腔炎が原因であることも多いので、子どもに異変を感じたら、医療機関でしっかり診断してもらうことが重要です。

 

ご参考までに、 都では、ウェブサイトの「東京都の花粉情報」などで花粉予報情報を提供しています。

http://www.tokyo-eiken.go.jp/kj_kankyo/kafun/

 

本日の仲間たちです。

270218-1.jpg

ぼくらのお家!

 

270218-2.jpg

楽しいよ!

 

270218-3.jpg

みなさん、いらしゃい。

 

270218-4.jpg

いいねぇ、そのくるま!

2 3 次の10件 >

おでかけひろば SHIP

東急田園都市線「三軒茶屋」駅より徒歩3分
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂1-12-40
tel:03-3411-8301
fax:03-3411-8301

ご質問・ご見学のお申し込みは電話やe-mailでお気軽に。

お問い合わせ連絡先:03-3411-8301

(受付時間:9:00〜17:00)

お問い合わせフォーム

このページの先頭へ