2014年12月の記事

1年の感謝

2014年12月28日(日)14:19

こんにちは!

 

世田谷通りを三軒茶屋の駅近くまで来ると年の市が立ち、露天ではお正月飾りが売られ今年も残り僅かになったことを改めて思います。

 

SHIPは、今年の8月には2005年11月の開設以来のご利用者総数が20万人を超えました。

また、9月にはひと月のご利用者数が過去最高となりました。

 

このように多くの皆さまにご利用いただいていることを嬉しく思っています。

たくさんの方々との素敵な出会いがありました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

これからも、お子さんをはじめママやパパや保護者の方々がいつでも気軽に遊びに来ることができて、ホッと安心できる居場所で在ること。一人ではなく、みんなで子育てを分かち合って行ける場所であり続けられるようスタッフ一同心を合わせていきたいと思います。

 

年内は本日が最後となりますが、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

皆さま、良いお年をお迎えください。

新年は、1月4日(日)9時からスタートです。 

 

今年最後のSHIPの様子です☆

 

 

261228-4.jpg

 

 

261228-2.jpg

 

 

261228-3.jpg

 

261228-5.jpg

年の瀬に思うこと

2014年12月27日(土)15:43

こんにちは!


♪もう〜い〜くつ ねると〜おしょうがつ〜♪

新しい年を迎える喜びと、お正月の準備に追われ何となく気忙しさを感じています。

今年一年を振り返り、こんなことがあった、あんなことがあった、良かったこともイヤだったことも思い出になりますね。

 


お正月は故郷に帰り家族一緒に過ごされる方も多いことでしょう。
久し振りに実家に帰り、おじいちゃんおばあちゃんに会って泣いちゃったんです〜と、お話しされた方がいました。月齢にもよりますが、みんなと何日か一緒に過ごしているうちにこの人知ってると認識されていくようです。
いろんな方に遊んでもらい、あたたかい愛情をひしひしと感じながら、いい刺激を受けてたくましく育っていくことでしょう。
まずはお子さんの成長をみんなで喜びあう時間を大切にしていきたいですね。

 

今日のSHIPは、パパと一緒のお子さん、ちょっと大きいお子さんと休みならではの、
ゆったりとした一日でした。

 

 

261227-1.jpg

 

261227-2.jpg

 

261227-3.jpg

 

261227-4.jpg

 

261227-5.jpg

寝返りが出来るようになりました。

すごいねー!がんばったねー!

みんなで遊ぼう!

2014年12月26日(金)16:05

こんにちは。

今日も一日寒かったですね。

サンタクロースきたよ!プレゼントもらったよ!と嬉しそうにお話してくれるお友達がたくさんいました!
みなさんは素敵なクリスマスを過ごされましたか?

 

私は毎年横浜や藤沢で行なわれるライブイベントを手伝っているのですが、昨日はみんなでケーキを食べました。

帰宅の時間には既に門松やお正月飾りが並び、挨拶もメリークリスマスから良いお年を!と瞬時に町並みが変わってしまっていて、ちょっぴりさみしい感じもしました。

いよいよ年末に突入ですね!

帰省される方、旅行に行かれる方は気をつけて行ってらしてください!

 

SHIPには兄弟、姉妹で来てくれるお友達もたくさんいらっしゃいます。

お母さん同士も交流されていたり、いつの間にか周りにいるママたちと自然に遊び始めるお友達の姿があります。冬休みに入り、幅広い年齢、月齢のお友だちが遊びにきてくれているので、いつもとはまた違った雰囲気を楽しめると思います。

 

たくさんのお友だち、ママたちが楽しく遊べる環境、空間をこれからも作っていきたいと感じた一日でした。

 

今日のSHIPのお友達です。

261226-1.jpg

 

261226-2.jpg

 

261226-4.jpg

 

261226-3.jpg

 

 

願いを込めて

2014年12月25日(木)14:22

こんにちは

きょうは、クリスマスです。昨晩は、みなさんのお家にサンタクロースが来てくれたことでしょう。
先日、メサイア公演にいきました。演奏が始まる前のお祈りに「与えられるより与える喜び」をと言う言葉がありました。受け取り方はそれぞれですが、子どもはたくさんの愛情を受けて育ち、やがて受ける側から、与える側になるそんなことを思いました。

 

             261225-1.jpg

                  SHIPで迎える2度目のクリスマス

 


さて、クリスマスが終わるともうすぐお正月です。お節料理を手作りするご家庭は、全体の7パーセントだそうですが、最近では一人分のおせち料理も販売されるようになって人気があるそうです。手作り派は少なくなっても、多くのひとがお節料理を召し上がっているということでしょうか。

世界無形文化遺産に登録された『和食』は、一流の料理人が作ったものではなく普段の暮らしの中に生きている日本人の食事ということです。その中には、行事食というものがあり、節目節目に伝え受け継いできた伝統的な食事のことです。
お節料理は、その代表格ともいうべきもの。「お節」とは、本来、節句に食べる料理「節供」(せっく)に由来します。中でももっともごちそうの多い正月の料理だけに「お節」の名前が残ったといわれています。お節料理の原型は、お正月に神様に供える「蓬莱飾り」のおさがりをいただき、調理したものいわれています。飾られるのは、洗米・餅・のしアワビ・伊勢エビ・かち栗・昆布・だいだい・きんかんなどでした。

五穀豊穣や家族の幸せを願うお節料理には、「まめ(健康)に暮らせる」ことを祈る黒豆、「喜ぶ」に通じる昆布など言霊信仰から縁起のよい名前の食材が好んで用いられています。
また、おせち料理は「めでたさを重ねる」という意味を込めて重箱に詰められています。重箱は五段重ねのものが正式となりますが、詰め方には決まりはないようです。一般的に上から一の重には、お節に欠かせない黒豆・数の子・田作りの「三肴(みつざかな)」を詰めます。二の重には、くりきんとん・伊達巻などの「口取り肴」を、三の重にはエビやタイなどの海の幸を詰め、与の重には煮しめやさといもの煮物などの山の幸を詰めます。

そして、一番下の五の重には、料理を詰めずに空にしておきます。満杯の状態ではなく未完成にすることで、「来年こそいっぱいにできますように」という願いを詰める意味があるそうです。
このように、奥深い「いわれ」があるお節料理です。ながく受け継いでいきたい食の文化です。

 

         クリスマスのSHIPです。

 

          261225-2.jpg

              ハイ、撮りま〜す。

     

          261225-3.jpg

                中から、お人形がでてきたよ。

       

           261225-4.jpg

                  

       

          261225-5.jpg

               一気に滑るよ!!    

        

         262512-6.jpg

               お家の居心地は?   

 

 

          261225-7.jpg

              カタカタが上手になりました。


ハッピー&ドリームクリスマスコンサート

2014年12月24日(水)16:24

こんにちは。

今日は、クリスマス・イブ!

世界中の人々が、救い主イエス誕生をお祝いする日です。

お天気にも恵まれ、おでかけひろばSHIPでもクリスマスコンサートを開催しました。

演奏者は、洗足学園音楽大学の秋山ゼミのみなさんです。

オープニングは、弦楽アンサンブルによるクリスマス・イブ

261224-1.jpg

 

トロンボーンアンサンブルによる 妖怪体操第一

261224-2.jpg

 

261224-3.jpg

 

サックス演奏によるクリスマスソング

261224-4.jpg

 

261224-5.jpg

 

261224-6.jpg

秋山先生が発声練習をしながら、お着替えになり、1曲披露され、

261224-7.jpg

先生と学生さんとの歌と演奏

261224-9.jpg

 

先生の胸元、今年はLEDになり、よりピカピカに光りましたよ!!

261224-10.jpg

ポインセチアの鉢植え

2014年12月23日(火)14:43

こんにちは!

 

今日は天皇誕生日で祝日です。お休みの今日、家族や仲間が集まってクリスマスパーティーという方も多いのではないでしょうか。


そして、昨日は冬至でした。ゆず湯に入ったり、かぼちゃを食べたりされましたか?

今日から一日一日と日が伸びていきます。毎年お正月の三が日を迎える頃に、あぁ日が伸びたなと実感することが多いように思います。

 

さて、今、街のお花屋さんの店先はポインセチアやシクラメンの鉢植えで真っ赤に華やかに彩られています。

SHIPにも昨年いただいたポインセチアのミニ鉢植えがあります。

昨年の冬を越した後は、何枚かの葉を残しただけになっていました。そして、その後は成長も止まったように見え、夏ごろにはカサカサしてなんだか元気を無くしていました。

でも、枯れることはなく緑の葉はつけていました。

ただ、内心では、ドライポインセチア(?)になってしまったのではないかしらとか、もう少しで枯れてしまうのではないかしらなどと思っていました。

それでもスタッフは見守り適度の水やりをしていたところ、先月の11月に入ったころから急に成長を始め、鉢を南側の窓辺に移すと次々に葉がついて茎が伸び始めました。そしてなんと、今では真っ赤な赤い葉(苞葉)をつけています。

 

そばでその様子を見ていて思ったことは、諦めずに見守り手をかけ続ければ、時が満ちるとまた成長するのだな、嬉しい気持ちにさせてくれるのだなということでした。

 

さらに、成長を信じて、心をかけ、手をかけて後は待つという、育ちに共通する大事なことを思い起こさせてもくれました。

 

 

では、今日のSHIPの様子です☆

 

 

261223-1.jpg

パパとブロックのお家で魚を釣りました♪

 

 

261223-2.jpg

演奏をママに披露中です♪

 

 

261223-3.jpg

弟くん、カメラはこっちです! ん〜ん、難しい。

お姉さん、見てくれてありがとう♪

 

 

261223-4.jpg

ブロックに集中です♪

パパが見守ります。

飛行機雲を見つけました!

2014年12月22日(月)15:08

こんにちは。

 

今日は雲ひとつないきれいな青空で、とても気持ちがいい一日となりました。
パチパチと静電気が発生し、思わず“いたっ!”と声が出てしまうほど空気が乾燥しています。

 

もうすぐ冬休みに突入ですね。通知表にドキドキしているお姉ちゃん、お兄ちゃんもいることでしょう。また、帰省や旅行を楽しみにしているお友達も多いのではないでしょうか。

 

私は先日、以前勤めていた保育園の発表会に行ってきました。
小さな赤ちゃんだったみんながとても立派にセリフを話し、歌をうたい、表現している姿に感動して涙がでてしまいました。そして今でも変わらずに声をかけてくれるみんな、卒園した小学生たち、保護者のみなさんに会えただけで気持ちがあたたかくなりました。

 

0歳からの一年間は特に、目に見える成長がとても多く、感動の毎日ですね。
SHIPでも嬉しい報告をしてくれる方が多くいらっしゃいます。一緒に成長を喜び合えることは私たちにとっても嬉しいことです。

今日もたくさんのお友だちの笑顔に会うことができました。

 

今日のSHIPのお友だちです。

261222-1.jpg

 

261222-2.jpg

 

261222-3.jpg

 

261222-4.jpg


 

ひとり遊びも大事

2014年12月21日(日)14:08

こんにちは!

 

日中は穏かな天候に恵まれた一日でした。

この時期は、商店街やデパートを歩いていると、お店の中にクリスマスの飾りやお正月飾りが飾られていて道行く人々の目を楽しませてくれています。

 

子どもとはどんどん遊びましょう、赤ちゃんにはどんどん語りかけましょうと話していますが、
でも、赤ちゃんがひとり遊びに熱中していると思えるときは、
声かけしないでそっと見守るということも大切ですと、言われています。

6か月を過ぎたあたりから赤ちゃんは、いろいろなものに大きな興味を示すようになってきます。
お座りが出来るようになると、手を使っていろいろ遊べるようになります。
それがぬいぐるみやおもちゃだけでなく、紙きれでも、カーペットの糸くずでも、よれよれのタオルでも触ってみたり、ひっぱってみたり、なめてみたりと集中して観察しています。

10か月ころになると、今までは、ものを掴むときは、手のひら全体を使っていましたが、手先が器用になってくると、指を使っていろいろなものがつかめるようになります。
小さいものや硬いもの、やわらかいもの、ざらざらしたもの、押すとへこむもの、冷たいものなど、触感の違いを感じることもできます。

 

集中して遊んでいるときはせっかくの好奇心の芽を摘み取ることのないよう、不要な声かけをせず、ひとり遊びが充実できる環境を大切に。

お子さんの成長を暖かく見守って行きたいですね。

 

☆今日のSHIPの子どもたちです☆

 

261221-1.JPG

ひとりで出来るよ!

 

261221-2.jpg

ボクできるよ!

 

261221-3.jpg

パパと一緒、うれしいね♪

 

261221-4.jpg

おばあちゃまも一緒でうれしいね♪

 

 

長時間の移動、どんな工夫をしていますか?

2014年12月20日(土)14:22

こんにちは!

今日の空は雲に覆われ、どんより・・・・。
おうちでのんびりの方が多いのでしょうか。
いつもの休日より、SHIPはゆったりな感じです。

 

 クリスマスや年末年始を迎え、家族で旅行や帰省の計画を立てていらっしゃることと思います。
移動手段は様々だと思いますが、小さいお子さんを連れての長時間かけての移動は大変ですね。
みなさんはどんな工夫をされていますか?

帰省する日の何日も前から、子どもの体調管理に気をつけ、混雑の少ない平日の機嫌の良い時間帯を選んでチケットを取り、必要な持ち物を用意し、当日は雨が降らないといいなあ・・・と願っていました。
帰省はたいていは私と子どもたち。車、飛行機、新幹線と毎回いろいろと試してみましたが、どれもこれも長所・短所がありますね。

新幹線の場合は乗車時間を昼頃にし、お昼を車内でとるのもひとつの方法。
食べるのが大好きな子は、食べることに集中してくれ、落ち着いて過ごしてくれます。
そしてお腹いっぱいになってお昼寝してくれたら大変助かります。

持ち物で一番役に立ったものはレジャーシートでした。
レジャーシートを床に敷き、そこに座らせて遊ばせます。
子どもは狭くてちょっと暗いところが大好き。
椅子の上たど立ち上がったり、跳ねたりしたくなりますがその心配が要りません。

また食べこぼしもレジャーシートの上だと片付けやすいのです。

 

二番目に役に立ったのはのは薄いガーゼのバスタオル。温度調整し難い車内では、肌寒いときに重宝し、寝てしまったときにお腹にかけたり。またタオルを輪にして、寝かせるときにだっこ紐代わりにも使いました。

 

少し大きくなってからの遊びのアイテムは、この日のために用意した新しい絵本(薄いペーパーブックやミニ絵本が軽くてオススメです)折り紙、お絵かき帳、シール帳、みつろう粘土(ボロボロしません)、マグネットおもちゃ、そして少々のブロック。

それぞれのお子さんのお気に入りのおもちゃがあると安心ですね。

 

また、あらかじめ近隣の座席に人に、小さい子連れであることをひとこと伝えておくといいかもしれませんね。子連れということに理解を示してくださり、声をかけてくださることが多かったです。

 

お子さんにあった工夫をして、親子で移動の時間を快適に、そして安全にお過ごしくださいね。

 

 

では今日のSHIPのおともだちです♪

 

      261220-1.JPG

     パパと一緒に♪

 

 

 

      261220-2.jpg

     3人のお姉ちゃんと一緒に♪

 

 

 

      261220-3.jpg

     パパとママと一緒に♪

      261220-4.jpg

     ママと一緒に♪

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”ママが奏でる”コンサート

2014年12月19日(金)15:20

こんにちは。

町はクリスマス一色!ポインセチアの赤とひいらぎの緑が色鮮やかにクリスマスを彩ります。

今日は、SHIPでママによるクリスマスコンサートをおこないました。

ずっと前からコンサートを楽しみにしていた親子がたくさん集まりましたよ。

今日は、「ママが奏でる♪子どもクリスマスコンサート」でしたが、このタイトルをつけてくださったのは、このコンサートを企画実施してくださったママです。 この”ママが奏でる”コンサートは、早5回目?となります。ヴォーカルやピアノ、ヴァイオリンが得意なママたちがボランティアで継続的に行なってくださっていて、ママによるママのためのコンサートです。

なんと、全部参加しているママもいらしたようです。

リズミカルなクリスマスソングに、0歳児も1歳児も体を揺らし楽しむ姿がありました。

アンコールは、5か月のお子さんを抱っこしているときに浮かんだという、ママの思いがいっぱいにこめられた曲が披露され、ママたちからとても良かった!私も子育て頑張ろうと思った、親といたいと思う時間を大切にしたい、涙が出そうになった・・・などなど感動のうちにフィナーレとなりました。

261219-1.jpg

 

261219-3.jpg

 

261219-4.jpg

 

261219-5.jpg

 

261219-7.jpg

 

261219-8.jpg

 

終了後のSHIPでは、えほんTIME

261219-9.jpg

 

弟がうまれたの

261219-11.jpg

 

2 3 次の10件 >

おでかけひろば SHIP

東急田園都市線「三軒茶屋」駅より徒歩3分
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂1-12-40
tel:03-3411-8301
fax:03-3411-8301

ご質問・ご見学のお申し込みは電話やe-mailでお気軽に。

お問い合わせ連絡先:03-3411-8301

(受付時間:9:00〜17:00)

お問い合わせフォーム

このページの先頭へ